[tool] info のスパムメール対策

独自ドメインでウェブサイトを運営している場合、一般的な問合せ窓口として「info@ドメイン名」というメールアカウントを設定するケースが多いと思います。
そして、「info@ドメイン名」に大量のスパムメールが送られてきて困っているという相談を受けることがあります。

そんな場合は Google が提供している無料のメールサービス「Gmail」を利用して対処するという方法があります。

Gmail はスパムメールの自動振分精度が高いので、スパムメールフィルターとして利用できますが、その他にも「info@ドメイン名」を Gmail で使うメリットがあります。

  • ネット接続環境さえあれば、オフィス・自宅・出張先など、どこからでも使える
  • 複数の担当者で「info@ドメイン名」を運用する場合でも、ウェブ上でデータが一元管理されているので、誰がどのようにメール対応したかを共有できる
  • 大容量(無料で使える容量はどんどん増えています)なので、メール送受信履歴を安心して残しておける
  • Googleのサービスなので、当然ながら検索性能が高い

「info@ドメイン名」を Gmail で運用する具体的な手順を下記にまとめておきます。

【Tags】
Google
サイト運営
【Date】
Create:2008/07/03
Update:2008/07/15

Gmailアカウントを設定する

まず「Gmail」の申込みをします。
「Gmail」を利用するには、Googleアカウントが必要になります。
まだGoogleアカウントを持っていない場合は、下記ページから作成します。

  ⇒ Googleアカウントの作成
Googleアカウントの作成

次はGmailのアカウントを作成します。

  ⇒ Gmailアカウントの作成
Gmailのアカウント作成

infoメールを Gmail へ転送

利用しているサーバーの管理画面等で、info@ などスパムメールを処理したいメールを Gmail へ転送するよう設定します。その際、元のサーバーにデータは残さないよう設定したほうがいいでしょう。

これでスパムメールを処理したいメールデータがすべて Gmail に送られるわけですが、Gmail ではスパムメールと思われるものは「迷惑メール」フォルダへ自動で振分してくれます。
それ以外のメールは「受信トレイ」に届きますが、もしスパムメールが「受信トレイ」に混じっていたら、「迷惑メールを報告」ボタンで追い出しましょう。
Gmail迷惑メールを報告

Gmail は利用者が多く、簡単に「迷惑メールを報告」する機能があるため、スパムメールの自動振分の精度が高いと思います。

もちろん自動振分が完璧というわけではないので、大切なメールが間違って「迷惑メール」フォルダへ振り分けられることもありますので、定期的に「迷惑メール」フォルダの中身をチェックし、必要なメールがあった場合は「迷惑メールを解除」ボタンで救出します。
Gmail迷惑メールを解除

Gmail から infoメールを送信できるように設定

さらに、Gmailを使って「info@ドメイン名」のアカウントからメールを送信できるように設定しましょう。

Gmail 画面の右上に、「設定」というリンクがありますのでクリックします。
設定画面が表示されますので、「アカウント」というリンクをクリックします。
Gmail独自ドメインのメールアカウント設定

「名前:(Gmail を使用して他のメール アドレスからメールを送信します)」という部分の右側にある「他のメール アドレスを追加」をクリックします。
ポップアップウィンドウが表示されますので名前とメールアドレス(info@ドメイン名)を入力し、指示に従ってアカウントの設定を行います。

デフォルトで使うメールアドレスは Gmail の元のメールアドレスになっているので、追加した「info@ドメイン名」がデフォルトになるように設定しましょう。

また、「info@ドメイン名」を Gmail で運用するにあたり、メールの署名設定もしておきましょう。
Gmailメールの署名設定

お気に入り/ブックマークへの登録 ⇒ (RSS Reader への登録もできますよ)