[tool] Google のブラウザ Chrome を試してみよう

Google から、「Chrome」というブラウザがリリースされました。
Windows向けにβ版がリリースされ、Mac OS X版とLinux版は開発中とのことです。

Internet Explorer や Firefox など、使い慣れたブラウザから乗り換えるにはまだ早いと思いますが、Google Chrome は他のブラウザと何が違うのか? 使い勝手はどうか? とりあえず試してみましょう。

【Tags】
Google
【Date】
Create:2008/09/07
Update:2008/09/07

Google Chrome をダウンロード

今回リリースされたβ版は、Windows Vista/XP 用です。
下記ページからダウンロードすることができます。
  ⇒ Google Chrome ダウンロード

Google Chrome ダウンロード

Google Chrome をインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動して、Google Chrome をインストールします。
このとき、Internet Explorer や Firefox など普段使っているブラウザから、ブックマーク、パスワード、その他設定をインポートすることができます。

Google Chrome インストール設定

Google Chrome を使ってみる

Google Chrome を起動すると、「よくアクセスするページ」のサムネイルが一覧表示されます(使い込むことでより便利になりそうですね)。
メニュー表示やツールバーの表示がシンプルなため、ブラウジング画面が広く感じられます。

Google Chrome ダウンロード

Google Chrome のタブ機能

Google Chrome は当然のことながら、タブ機能対応です。いちいち新しいウィンドウを開くことなく、タブ画面で複数のページを開くことができます。
別ウィンドウで開くようにリンクが設定されている場合、そのリンクをクリックすると自動的に新しいタブ画面で表示されます。

Google Chrome のタブ機能が他のブラウザと違う点は、Googleの説明によると『各タブを独立した「サンドボックス」とし、1つのタブがクラッシュしてもほかに影響が出ないようにし、不正なサイトからの保護も強化している』ところのようです。
「1つのタブがクラッシュしてもほかに影響が出ない」というところが魅力的ですね。

アプリケーションの新しいプラットフォームとしての Google Chrome

Google Chrome の特徴というか、他ブラウザと最も違う点は Google Chrome が『単なるブラウザではなく、Webページとアプリケーションの新しいプラットフォーム』であるというところだと思います。
しかし、「アプリケーションの新しいプラットフォーム」というコンセプトのところが、まだよくわかりません。

「アプリケーションのショートカットを作成」という機能があり、これが上記のコンセプトのあらわれかと思います。

例えば、Google Calendar を表示させて、アプリケーションのショートカットを作成してみましょう。
Google Chrome アプリケーションのショートカットを作成
ショートカット作成画面
どこにショートカットを作成するか指定し、「OK」ボタンを押します。
今回はデスクトップに、Google Calendar のほかに Gmail などのショートカットも作ってみました。

これがどういう意味を持つのか、正直よくわからないものの、パソコン内のアプリケーションとインターネット内のアプリケーションの境が無くなる方向にある、というが鮮明になってきたように思います。

お気に入り/ブックマークへの登録 ⇒ (RSS Reader への登録もできますよ)